30 May 2011

When you are king, dilly dilly

This all started with rose cream. One of my bezzie pals mailed to say that she'd celebrated her birthday with petit choux à la rose and I was instantly enchanted: what more romantic and feminine way to indulge your special day, a fete for the most fabulous femme?!
So anyway, that wee gem of a thought wormed its way into the recesses of my brain, and then a few days later I found myself in the midst of  a flower festival at my local botanical gardens...






24 Dec 2010

Mincemeat Muffins

I love muffins. They're dead easy to make and you can add pretty much anything you like to them - blueberries, cranberries, chocolate chips in all shapes and sizes, nuts, etc. etc. I tend to put in whatever I have to hand and it being Christmas, right now that means mincemeat. 


18 Nov 2010

Double-Spud Gratin with a Sake Kasu Sauce

This is a kind of two birds with one stone thing: having rediscovered the joys of potatoes (!) whilst back in Blighty I've been itching to post a spud recipe (twice-baked jackets, for example, or cottage pie with carrot and potato mash - there's nought like hearty British potato cuisine!). Mizuki, meanwhile, has been experimenting with sake kasu (the lees left over from the sake-making process, but more on that anon), so I basically went with a recipe that combines the two. 







11 Nov 2010

Today's bread

I've been so busy cooking with yesterday's bread there's none leftover for today, and not being one to relish an empty bread bin I decided to rustle up a loaf, though I'm not entirely sure that this strictly qualifies as bread - what else you'd call it beats me, mind you. 'Cake' comes with a whole load of other connotations that really don't do much to tantalize the taste buds in this instance. It has the texture of steamed bread (think Chinese steamed buns) - it's moister (the mix is surprisingly wet), denser, more chewy (starchier?) than regular bread and doesn't brown at all, despite the fact that it had 25 minutes in the oven, but it is good so think somewhere between a banana bread and Cake Salé - the savory French 'cakes of salt' and you'll get some idea of where this is at. Whatever, it works a treat with a big bowl of onion soup and it's dead easy to make - no yeast, no kneading, no proving, so it's done and in the oven in 15 minutes or so. 



7 Nov 2010

Raisin roll and butter pudding and other delights with day-old bread

It's been a while since I posted anything (so long, in fact, that I'd forgotten our password...) but that's not been for want of cooking, eating and spending time in kitchens. The three weeks I spent quoffing Cruzcampo and scoffing tapas in Andalucia were an inspiration, though what with daily flamenco lessons and side trips to hilltop pueblos blancos, not to mention a seriously primitive kitchen, not a lot of cooking went on. I have come back with a Spanish vegetable press, mind you, and I'm itching to experiment with some of the southern Spanish flavors I encountered (espinacas con garbanzos and other Spanish comfort food come to mind), but I also spent three weeks back home and there, a whole lotta cooking went on so there are probably going to be some recipes inspired by good old-fashioned English cooking appearing over the next few weeks, too. 


For now, though, my mission is to do something creative with stale bread...












18 Oct 2010

わざと残したパンで…

以前アマンダが、「炊いたご飯が冷蔵庫にたまってくると嬉しくなる。美味しいチャーハンが作れるから。だからちょっと多めに炊くの」と言ったときに不思議な感動を覚えたことがあります。
残り物で作るイメージが強いチャーハンですが、そう、確かにチャーハンは美味しい。
チャーハンを作りたいからちょっとご飯を残しておく、なんて愛おしいその感覚!

などと言っている私も、先日大きなスーパーマーケットで、まず食べきるのが不可能なバゲットの詰め合わせを買ってきてしまいました。
食べ残ったバゲットでできる色々なメニューが楽しみだから。
パンの国の人達はこんな馬鹿な買い物はしないでしょうが、パンが大好きだから、あえて残したパンで何か作ろう、などと考えてしまいます。


ラスクは地味ですが隠れたファンがたくさんいると思います!
この軽さ、フレーバーの多彩さ。スイーツにもおつまみにもできる自由さがいいですね。
今日はシンプルに作りましたが飴がけにしたりトッピングを乗せたりするリッチなラスクもあります。

バターしょうゆって美味しいですよね!
バターしょうゆのピリ辛ラスク

材料
バター(無塩)80g
しょうゆ 小さじ2
七味唐辛子 適宜

作り方
1) バゲットを5mmから1cmの厚さに切る。
固くなったパンにはこんな細かい鋸刃がついたパンナイフが使いやすいですよ!
天板またはオーブンラックに重ならないように切ったバゲットを並べ、120度のオーブンで15分程度焼いて冷ます。
中心を指で押して固くなっていればOK。

2) バターを室温に戻してやわらかくし、しょうゆとよく混ぜ合わせる。

3) 1の乾燥焼きしたバゲットの片面に1を塗る。すりこむように塗るよりもややたっぷりめに塗ったほうが美味しい。

4) 天板またはオーブンラックに並べ、七味唐辛子をふりかける。


5) 130度のオーブンで15分ほど焼く。きれいな飴色に焼けたらできあがり。
バターしょうゆは焦げやすいのでときどきオーブンの中を確認しながら焼いてください。

七味唐辛子のかわりにザラメやグラニュー糖をふって焼くのも、甘辛な和風テイストで美味しいです。



20 Sep 2010

豆腐のホワイトソース


お豆腐という食材はもはや外国の方がよほどポピュラーに使われているようです。海外のお料理サイトを見ていても、豆腐レシピの多さに驚きます。アマンダに聞いたところ、固いステーキ用の豆腐とか、日本にはないような種類の豆腐が欧米のスーパーマーケットにあるとか!

だいぶ秋めいてきた今日は、秋野菜をたっぷり入れたクリームシチューを豆腐で作ってみました。
小麦粉で作るホワイトソースに負けず濃厚な風味で、カロリーも低め、カルシウムも摂れます。
豆腐で作るホワイトソースはミキサーかフードプロセッサーがあれば驚くほど簡単に作れますので覚えておくと重宝です。



豆腐ホワートソースの作り方

材料
・木綿豆腐…400g
・牛乳…100cc強
・コンソメキューブ…1個
・塩、こしょう…適宜
・コーンスターチ…小さじ2

作り方
1.木綿豆腐をしっかりと水切りする。クッキングペーパーに包んでザルに入れて重しを乗せて一晩冷蔵庫に入れておくと簡単。

2.水切りした豆腐と牛乳70cc、コンソメをミキサーに入れて豆腐の塊がなくなるまで撹拌する。
なめらかな状態になったら鍋に移し、弱火にかけながら残りの牛乳をソースの固さを調節しながら加えていく。
コーンスターチを倍量の水で溶いたものを加え、とろみがついたら火を止める。

3.塩、こしょうで味を整える。

ドリアやシチュー、青菜のクリーム煮などに使えます。ダイエット中の強い味方ですね!
濃厚に豆腐の味がしますので、シチューの具材にハンペンやシイタケ、長ネギや里芋など日本の食材を使ってもよく合います。
ドリアにも普通に使えますが、せっかくの豆腐ソースなので醤油味の炊き込みご飯を作って海苔を乗せ、チーズを重ねて和風ドリアを作ってみたらとても好評でした。